コラムその4

クレジットカードの発行と返済履歴

スピード発行が可能なクレジットカード会社は、
審査での信用情報機関の照会が占める割合が高いという事であり返済履歴と利用残高により判定されます。
逆に審査に時間がかかるクレジットカードは、申し込み者の年収や資産も対象として審査が行われているという事です。

 

年収や資産ではなく信用情報が重視されているという事は、これらを良化しておけば審査に通る可能性が高くなるという事になります。
信用情報機関には申し込み履歴も記録されており、短期間で何度も申し込みを行った事はマイナスの評価になります。
申し込み回数にも注意を払わなくてはなりません。他のクレジットカードを既に利用している場合は、
ルールを守っての返済を積み重ねていくと共に利用残高を少なくした上での申し込みが審査に通る確率を高める対策となります。