クレジトカードの発行をするとき

クレジットとカードの発行と信用情報機関

クレジットカードの審査は会社ごとに基準は異なっていますが、中心となるのは信用情報機関への紹介です。
信用情報機関には多数のクレジットカード会社が加盟しており、各会社の返済履歴や利用残高が記録されています。
返済履歴はルールを守っての使用を行ってきたのかの目安となる項目で、遅れたり放置していたりすると大きなマイナス材料となります。
返済に遅れたまま一定期間以上放置した場合は、延滞として記録されてしまいます。
また、返済が困難となり債務整理を行った事も期間が経過するまでは記録されたままです。
これらの記録が残っている状態の事は、ブラック状態と呼ばれており審査に通る可能性はありません。